合宿免許で取得できる!自動車免許の種類

普通車や二輪車を運転できる!普通免許、普通二輪免許、大型二輪免許

合宿免許で取得可能な自動車免許には、普通免許、普通二輪免許、大型二輪免許、準中型免許、中型免許、大型免許、大型特殊免許、普通第二種免許、中型第二種免許、大型第二種免許などの種類があります。普通免許には、オートマチック車とマニュアル車の両方を運転できる普通免許と、オートマチック車のみ運転できるAT限定普通免許があります。普通免許とAT限定普通免許は車両の総重量が3.5t未満で、最大積載量が2t未満であり、乗車定員が10人以下の車と、原動機付き自転車が運転可能です。AT限定普通免許を取得した後でも、試験に合格したり教習所に通うことで、AT限定が解除されてマニュアル車も運転できるようになります。

普通二輪免許は、総排気量が50cc以上、400cc以下の自動二輪車(マニュアル車とオートマ チック車)と、原動機付自転車が運転できます。AT限定普通二輪免許は、原動機付自転車と、総排気量が50cc以上、400cc以下のオートマチックの自動二輪車を運転できる免許です。大型二輪免許は総排気量が400cc以上の自動二輪車が運転できるようになる免許で、こちらもAT限定大型二輪免許と、ATとMTの自動二輪車を運転可能な大型二輪免許があります。普通二輪免許は16歳以上、大型二輪免許は18歳以上の方が取得できます。

トラックを運転するなら!準中型免許、中型免許、大型免許、大型特殊免許

準中型免許では、車両の総重量が3.5t以上で7.5t未満、積載量が2t以上で4.5t未満、乗車定員が10人以下の車と、普通自動車、原動機付自転車、小型特殊自動車を運転できます。取得するには年齢が18歳以上で、視力が両目で0.8以上あり、片目は0.5以上、信号機の色を識別できることなどが条件になります。中型免許は普通自動車や、原動機付自転車、小型特殊自動車のほかに、総重量が7.5t以上で11t未満、積載量は4.5t 以上で6.5t未満、定員が11人以上で29人以下の中型の車を運転可能です。取得できる年齢は20歳以上で、普通免許か大型特殊免許を持っており、2年以上運転していることが必要となります。

大型免許で運転できるのは、総重量は11t以上で積載量は6.5t以上、定員は30人以上の大型自動車と、普通自動車、原動機付自転車、小型特殊、中型自動車です。取得する際は年齢が21歳以上で、普通免許か大型特殊免許を取得しており、3年以上の運転年数が必要です。大型特殊免許は18歳以上から取得可能で、全長が12.0メートル以下で、高さが3.8メートル以下、幅は2.5メートル以下の車両を運転できます。この数値を超える車両を運転する場合は、管理者の許可などが必要になります。

運転手として活躍できる!普通第2種免許、中型第2種免許、大型第2種免許

普通第2種免許、中型第2種免許、大型第2種免許などの第2種運転免許を取得すると、タクシーやバスなどの運転が可能になります。普通第2種免許ではタクシーやハイヤーなど、乗車定員が10人以下の普通自動車を運転できます。取得するには年齢が21歳以上で、普通免許などの免許を取得しており、運転年数が3年を超えているなどの条件をクリアする必要があります。

中型第2種免許は、乗車定員が11人以上で29人以下の旅客用の中型自動車を運転する際に要る免許です。主にマイクロバスなどを運転できます。普通第2種免許と同様に、年齢や免許の有無などが取得条件として定められています。大型第2種免許は、乗車定員が30人以上の大型自動車を運転できるようになる免許です。観光バスや路線バス、高速バスなどの運転手を目指す際は、この免許を取得しておくのがおすすめです。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう