合宿免許の持ち物?持っていきたいもの

現地のガイドブックがあると楽しめる

合宿免許では、単に教習を受けるだけではなく、自由時間が用意されていて、その地域の観光を楽しめることが多いです。たとえば、合宿免許で新しく知り合った人と一緒に観光地を訪れて素敵な思い出を作ることもできます。そのために、あらかじめ現地のガイドブックを用意しておくと、情報収集することができて、スムーズに魅力的なスポットを回れるでしょう。暇な時間にガイドブックをチェックしながら計画を立てることもできます。意外と空き時間はたくさんあるため、ちょっとした時間で立ち寄ることができて、楽しそうなスポットを見つけておきましょう。これまで訪れたことのない地域であれば、目新しい場所がたくさんあるはずです。

延長コードやタコ足配線は便利

宿泊施設の部屋のなかにはコンセントが用意されているものですが、ひょっとしたら数が不足しているかもしれません。また、相部屋が割り当てられることもあって、その場合はどうしてもコンセントが足りなくなることが多いです。そんなときのために、延長コードやタコ足配線を準備しておくと便利です。必要な電源をしっかりと確保することができます。延長コードであれば、コンセントを寝床の近くにまで延ばすことができて使いやすいです。たとえば、スマホや音楽プレーヤー、タブレットパソコン、ゲーム機など充電が必要なものはたくさんあります。さらに、ドライヤーやひげ剃りなどで電気を使う人も多いでしょう。コンセントの数は不足しやすいため、事前に対策しておくとよいです。

サブのバッグは何かと使える

合宿免許に参加するときには、大きめのバッグをひとつ用意しておけばそれでよいと考えるかもしれません。着替えや暇つぶし用のアイテム、ドライヤーなどの入る大きなバッグは当然必要なのですが、それとは別にサブとして小さめのバッグもあると便利です。たとえば、教習所内をちょっとした荷物を持って移動することはよくあります。また、観光や遊びに出かけることもあり、そのときには大きなバッグだと邪魔になるでしょう。移動用で気軽に持ち運べるような小さめのバッグもひとつ準備しておくと使い勝手がよいです。大浴場が用意されていたり、温泉が近くにあったりするケースもあって、そんなときにはタオルや着替えなどを持ち運ぶためにサブのバッグがあると重宝します。

また、袋もいくつか用意しておくと使う機会が多いです。たとえば、洗濯物をそこに入れておいたり、お風呂用品を持ち歩いたりするときに使えます。特に相部屋の場合は、バッグや袋などを複数用意しておいたほうが便利です。

おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!

関連記事