意外と知らない合宿免許の生活の流れ

合宿免許は短期間で免許を取得できる!

「合宿免許」という言葉は聞いたことがあるけれど、具体的にはどのようなものなのか知らないという人は多いのではないのでしょうか。合宿免許は教習所が用意した宿泊場所に滞在して入校時に組まれたプログラムを効率よくこなし、短期間で自動車免許を取得することを目的としています。短期間で免許取得ができるのなら、学業などで時間がない学生などにはもってこいですよね。ただいくら短いとはいえ宿泊しながら集団で学ぶのなら、事前にどのような流れで生活を送るのかは知っておきたいものです。合宿免許を開始する前に教習所に入校しますが、わからないことや不安に思っていることはあらかじめ聞いておくことをおすすめします。

合宿免許の一日の流れとは?

合宿期間中はだいたい朝8時頃に朝食をとりますが、その後教習所によっては週1回くらい朝礼がある場合もあります。午前9時頃から教習を開始して10時頃から学科教習(いわゆる座学)、11時頃からは自由時間になることが多いです。しかし自由時間といっても参加している人は短期間で免許取得を目指しているので、この時間を予習や復習などの学習時間として有効活用する傾向がみられます。また自由時間を終えた後には学科教習、その後はだいたい昼食という流れです。14時前後からその日2度目となる技能教習が行われると、15時頃から学科教習がありこの学科教習が終わる16時頃から17時頃にかけて技能教習をする、という流れになります。夕食の時間はだいたい18時頃から19時頃でその後は自由時間です。簡単にいえば技能教習と学科教習をこなし朝、昼、晩と食事をとる、それ以外は自由時間という流れなのです。

自由時間はみんなどうしているの?

合宿免許の目的は短期間で免許を取得する、ということです。一日の流れをみてみると、日中は食事の時間以外は教習を受けていることがわかります。ハードスケジュールといっても過言ではなく、また自由時間もありますがその時間は「短期間で免許を取得する」ための自由時間であり、多くの人はその時間も学習に費やしています。しかし一方で人間はどこかで息抜きも必要であるため、雑誌を読んだりスマホを見たりする人もいますし、疲れてしまうと学習にも影響を及ぼすこともあるためこのような時間を有効活用し早めに休むことも大切です。この他にも技能教習や学科教習などの合間には自由時間もあり、このような時間を学習にあてるかリフレッシュのための時間にあてるかを判断するには日々、自分と向き合い体調やメンタル面を知ることが大切です。

おすすめの合宿免許サイト:合宿免許ムーチョ!