Flower gift.com

母の日や父の日に贈りたいギフトたち

2018年3月29日

5月に送りたい花

5月、私達は、どのような花を求めているのでしょうか。春もちょっと経過して、それでも私達は、まだまだ素敵なお花と寄りそうことができます。

誰かにギフトを贈って、幸せな気分にさせてあげてみてはいかがでしょうか。


【 出典元:Giftime[ギフタイム] 】


【バラ】

プレゼントしてもらって一番幸せな気持ちになるのは、やはりバラが一番という人たちが多いです。バラは、色とりどりの花色があり、草丈など見た目のバリエーションが豊富でまさに「花のクィーン」です。

ゴールデンウィークをすぎて梅雨間近、鬱陶しい季節が近付く気配がありますが、5月の中旬ごろから見頃を迎え私達の憂鬱な気分も吹き飛ばしてくれることでしょう。

バラは、つるを伸ばして生長するつる性のものが多くあり、トレリスやフェンスにからませて自分好みの樹のカタチに仕立て楽しめます。

豪華なものから落ち着きのあるものまで、バラ好きの人たちは、それぞれバラの好みを持っているということです。

バラの花言葉は、『愛』『美』です。まさに、プレゼントのお花としてふさわしいひとつです。

【カーネーション】

母の日のプレゼントにカーネーションをプレゼントする人たちも大勢います。まさに、カーネーションも5月のお花の代表格です。フリルのように縁が縮れたお花がとても可愛く、フレンドリーな雰囲気をもっていますよね。

カーネーションは、切り花として花束に加えられることが多くありますが、多年草ということで、鉢植えにすれば毎年きれいな花を楽しむことができますよ。

もともとカーネーションは、3~5月あたりにしか花を咲かせなかったのですが、最近は品種改良によって秋に開花するカーネーションもあります。

赤、ピンク、青、紫、白、黄色と言ったいろいろな色を楽しむことができます。白いカーネーションは、亡くなったお母さんに対して贈られるケースが多いです。

カーネーションには、『無垢で深い愛』『真実の愛』『永遠の幸福』という花言葉があります。お母さんに感謝の気持ちを、花言葉のメッセージと一緒に届けてはいかがでしょうか。

【すずらん(鈴蘭)】

すずらん(鈴蘭)もとても愛らしいお花ですよね。 ベルのカタチをした花びらがかわいらしく、まさにすずらんは春の人気者のお花です。

鮮やかな緑色の葉っぱの間から生える白い可憐な花は、花壇の主役にもなってくれまかし、かつ脇役にもなってくれます。

すずらんには白だけでなく、ピンク、赤、黄、紫などの色もあります。 4~6月あたり咲くお花で、花言葉は、『幸福の再来』『純粋』『純潔』『謙遜』です。ただし、すずらんは、暑さには弱いということなので、直射日光が当たらない、風通しのいいところで育ててあげるのがいいでしょう。

【芍薬(シャクヤク)】

芍薬(シャクヤク)は、何枚にも重なる花びらが美しい、春の花木です。 古くから美しい女性をたとえる花として多くの人たちが知っています。

5~6月あたりに、赤、ピンク、白、黄の花を咲かせてくれます。

花言葉は、『恥じらい』『はにかみ』『謙遜』です。